”クリアランス本日最終!”【中古大処分市】【渡文】特撰手織りすくい織袋帯≪御仕立て上がり・中古美品≫「唐花横段文」優しい彩りが素敵。洒落の名門の特撰品!
◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 音楽鑑賞、観劇、お食事、お出掛け、ご旅行など

◆あわせるお着物 洒落訪問着、付下げ、色無地、小紋、御召、紬など
絹100%・金属糸風繊維除く 長さ約4.2m
柄付け:お太鼓柄
耳の縫製:かがり縫い
◆新古品・中古品は現品限りですので売り切れ次第終了となります。

◆中古品として仕入れてまいりましたが、大切に保存されていたのでしょう、美品でございます!
お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ!


ひと目で心惹かれるこの面持ち…

洒落帯の名門【 渡文 】より、
豊かな織の表情で洒落感たっぷりに織り上げられた、
手織りすくい織袋帯をご紹介いたします!

今回ご紹介のお品は中でもナチュラルな印象の色使いが素敵な一条。
ほっこり、優しい風情をご堪能くださいませ。


渡文さんのお品と言えば、特殊な織技法による櫛掻き織(つげ櫛で横糸を一本一本丹念に、よろけの動きを出しながら織る技法)。
平織りでありながら生地にボリューム感を出し、深みある奥行きと質感で織り成された1点です。

適度なカジュアル感が魅力的なよろけの地風。
軽やかに織りなされた帯地は、茶の濃淡で横段を織りなして。
細やかに織り込まれた箔糸が仄かに輝きます。
えんじ、深緑の間道をアクセントに込めつつ、お柄には地に馴染むほっこりと優しいお色使いで、唐花の装飾文様を込めた横段を織り表しました。

糸の太細や箔の使い方
至るところに名門ならではの意匠センスが光り、飽きのこない唯一無二の表情に仕上がっております。

大島、結城など高級な織のお着物にぜひ合わせていただきたいお薦めの1点です。
もちろんお洒落訪問着や色無地などにもお締めいただけますので、様々なシーンにご愛用くださいませ。


匠の技によって生まれた比類なき織り味、と独創的なデザイン。
二つを見事に兼ね備えた逸品を、お手元にお届けさせていただきます。


撥水加工をご要望の場合
(ガード加工 帯)(パールトーン加工 袋帯)
※仕立て上がった状態で保管されておりましたので、折りたたみシワが付いております。この点をご了解くださいませ。
[文責:]

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
home>自動車>【2020年春版】個性派ぞろい!新車で購入できる輸入車のmt車紹介

”クリアランス本日最終!”【中古大処分市】【渡文】特撰手織りすくい織袋帯≪御仕立て上がり・中古美品≫「唐花横段文」優しい彩りが素敵。洒落の名門の特撰品! 帯 良質

自動車 業界ニュース コラム・特集

ev(電気自動車)やphv(プラグインハイブリッド)といった、電動車のラインアップ拡充が図られる一方で、mt(マニュアル・トランスミッション)車のラインアップは減少傾向にある輸入車。中には、日本に導入しているモデルにmt設定がないブランドもあり、新車で購入できるmt車の選択肢が限られている。

ただ、少ないながらもmt車を設定するブランドもある。そこで今回は、日本に導入されている輸入車のmt設定がある車種を紹介しよう。

”クリアランス本日最終!”【中古大処分市】【渡文】特撰手織りすくい織袋帯≪御仕立て上がり・中古美品≫「唐花横段文」優しい彩りが素敵。洒落の名門の特撰品! 帯 良質

メルセデス・ベンツ、アウディ、bmwのいわゆる“ジャーマン3”の中で、唯一国内にmt設定の車種を導入。ただ、mt設定があるのは、1シリーズや3シリーズといった量販グレードではなく、ハイパフォーマンスモデルのm2、m4のみとなっている。

・m2

現在は、m2をベースにさらに走行性能を高めた「competition(コンペティション)」のみをラインアップ。ベースモデルのエンジンは、直列6気筒3.0lターボエンジン(最高出力370ps/最大トルク465nm)だったが、コンペティションは最高出力410ps/最大トルク550nm)と大幅に強化されている。

6速mtは、シフトダウン時に自動的に回転数を上げ、スムーズなシフトチェンジを可能にするスロットルブリッピング機能を採用。また、カーボンファイバー強化樹脂(cfrp)製のフリクションライニングの採用により、軽量化を実現するとともに快適なシフト特性を実現している。

・m4

m4はクーペとハイパフォーマンスのコンペティションの両方に6速mtを設定。搭載するエンジンは直列6気筒3.0lターボエンジンだが、クーペは最高出力431ps/最大トルク550nm、コンペティションは最大出力450psまで引き上げられ、内外装に専用装備が施されている。

■ポルシェ

人気を博しているカイエン、マカンといったsuvにmt設定は無いが、「718ケイマン」、「718ボクスター」はmtが設定されている。なお、昨年フルモデルチェンジして国内で発売された新型「911」には現状mtは導入されていないが、海外ではmtも設定されている。先代911はmt設定モデルが日本に導入されていたので、今後の導入を期待したいところである。

・718ケイマン/718ボクスター

伝統的なフォルムとミッドシップレイアウト(mr)を採用する718ケイマンと、そのオープンモデルである718ボクスターは、高性能でありながら911よりも価格が手ごろであることから、ポルシェの入門モデルとしても根強い人気を持つモデルだ。
mrの2シーターである718ケイマン/ボクスターは、2.0lターボを搭載するベースモデル、2.5lターボを搭載する高性能タイプの「s」、sをベースにパワーを向上させ数多くの専用装備を採用するトップグレードの「gts」が設定されており、そのいずれにもmtが設定されている。

718ケイマン
1 2 3
tagged