lääni/Finland原石 【送料無料】 【激レア!MORION 309g 】フィンランド・モリオン原石南スオミ州キューメンラークソ県リプシニエミ産/Lypsyniemen, Virolahti/Kymenlaakso/Etelä-Suomen






商品名


『フィンランド・リプシニエミ産 スオミモリオン 原石 309g』

産地

南スオミ州キューメンラークソ県リプシニエミ

内容量

約 309g (多少前後あります)

寸法

約 115 × 30 × 50mm 前後 (目安でお考えください)

商品紹介


★ツインソウル・光通さない完全なる黒・完全結晶・セルフヒールド・ブラックトルマリン共生・ヒーラーさんもご愛用。

☆天然石の中でも最強クラスの「魔除け力」を持つとされる黒水晶モリオン。日本の市場ではチベットや内モンゴル産、ブラジル産が多く見受けられますが、ネットで探してもフィンランド産のモリオンはほとんど取り扱いがありません。
もともとフィンランドと深いつながりのある店長だからこそのコネクションで出会うことができたスオミ産モリオン、しかしようやく見つけることができた鉱山も、現在は水没してしまい発掘できない状態とのこと。現状でも希少なこの黒水晶を手に入れるチャンスです。
この機会を逃しては二度と手に入れられるか解りません。あなただけのお気に入りの一品をコレクトしてみてはいかがでしょうか?
※今回商品達は「モリオン」のカテゴリーに入っていますが、

・クリアークォーツ(白水晶)
・スモーキークォーツ(煙水晶)=モリオンスモーキー(透明と黒の間)シトリンスモーキー(黄色とスモーキーの間)
 ・モリオン(黒水晶)=(黒水晶)(漆黒)光通さないなどと判断が難しい表記もあります。

どの水晶にしても他のお店では扱いの無い希少な水晶であることは間違いありません。 
※天然放射による色付による黒水晶の為、個体により光を通す部分、通さない部分がありますことをご了承の上お買い求め下さい。
※実物の色に近づけるように撮影していますが、商品と写真とでは違った印象を受ける場合がありますのでご了承ください。
※サイズは良くお確かめください。

石言葉


モリオン
別名:黒水晶
対応チャクラ:第0チャクラ(足の裏)

・強いグラウンディング効果
・エネルギーの集中化
・強力な魔除け
・浄化作用





home>自動車>【2020年春版】個性派ぞろい!新車で購入できる輸入車のmt車紹介

【送料無料】 lääni/Finland原石 【激レア!MORION Virolahti/Kymenlaakso/Etelä-Suomen 】フィンランド・モリオン原石南スオミ州キューメンラークソ県リプシニエミ産/Lypsyniemen, 309g 天然石(原石) 最高品質の

自動車 業界ニュース コラム・特集

ev(電気自動車)やphv(プラグインハイブリッド)といった、電動車のラインアップ拡充が図られる一方で、mt(マニュアル・トランスミッション)車のラインアップは減少傾向にある輸入車。中には、日本に導入しているモデルにmt設定がないブランドもあり、新車で購入できるmt車の選択肢が限られている。

ただ、少ないながらもmt車を設定するブランドもある。そこで今回は、日本に導入されている輸入車のmt設定がある車種を紹介しよう。

【送料無料】 lääni/Finland原石 【激レア!MORION Virolahti/Kymenlaakso/Etelä-Suomen 】フィンランド・モリオン原石南スオミ州キューメンラークソ県リプシニエミ産/Lypsyniemen, 309g 天然石(原石) 最高品質の

メルセデス・ベンツ、アウディ、bmwのいわゆる“ジャーマン3”の中で、唯一国内にmt設定の車種を導入。ただ、mt設定があるのは、1シリーズや3シリーズといった量販グレードではなく、ハイパフォーマンスモデルのm2、m4のみとなっている。

・m2

現在は、m2をベースにさらに走行性能を高めた「competition(コンペティション)」のみをラインアップ。ベースモデルのエンジンは、直列6気筒3.0lターボエンジン(最高出力370ps/最大トルク465nm)だったが、コンペティションは最高出力410ps/最大トルク550nm)と大幅に強化されている。

6速mtは、シフトダウン時に自動的に回転数を上げ、スムーズなシフトチェンジを可能にするスロットルブリッピング機能を採用。また、カーボンファイバー強化樹脂(cfrp)製のフリクションライニングの採用により、軽量化を実現するとともに快適なシフト特性を実現している。

・m4

m4はクーペとハイパフォーマンスのコンペティションの両方に6速mtを設定。搭載するエンジンは直列6気筒3.0lターボエンジンだが、クーペは最高出力431ps/最大トルク550nm、コンペティションは最大出力450psまで引き上げられ、内外装に専用装備が施されている。

■ポルシェ

人気を博しているカイエン、マカンといったsuvにmt設定は無いが、「718ケイマン」、「718ボクスター」はmtが設定されている。なお、昨年フルモデルチェンジして国内で発売された新型「911」には現状mtは導入されていないが、海外ではmtも設定されている。先代911はmt設定モデルが日本に導入されていたので、今後の導入を期待したいところである。

・718ケイマン/718ボクスター

伝統的なフォルムとミッドシップレイアウト(mr)を採用する718ケイマンと、そのオープンモデルである718ボクスターは、高性能でありながら911よりも価格が手ごろであることから、ポルシェの入門モデルとしても根強い人気を持つモデルだ。
mrの2シーターである718ケイマン/ボクスターは、2.0lターボを搭載するベースモデル、2.5lターボを搭載する高性能タイプの「s」、sをベースにパワーを向上させ数多くの専用装備を採用するトップグレードの「gts」が設定されており、そのいずれにもmtが設定されている。

718ケイマン
1 2 3
tagged