SJ8 ダンロップ 【235/55-19】 冬タイヤ 101Q 新品 MAXX 【個人宅配送OK】 SJ8+ ウィンターマックス WINTER TIRE DUNLOP プラス 235/55R19 スタッドレスタイヤ















商品情報
【タイヤ銘柄】DUNLOP WINTER MAXX SJ8+
ダンロップ ウィンターマックス エスジェイエイトプラス
【タイヤ特長】【タイヤのタイプ】
スタッドレスタイヤ(アイスバーン対応タイプ)

● WM03で採用の「ナノ凹凸ゴム」が、滑りの原因「水膜」の除水時間を短縮することで、素早い氷への密着を実現

● 柔軟性に優れた「ナノ凹凸ゴム」が、氷に隙間なく密着することで、氷に触れる面を最大化。密着面が広いから密着力も向上

● 「液状ファルネセンゴム」と「MAXXグリップトリガー」で摩耗後も高い氷上性能を実現

< 従来品(SJ8)との比較 >
氷上ブレーキ: 14%向上
氷上コーナリング性能: 11%向上

★ こんなお車にオススメです
輸入車、国産車を問わず全てのSUVにオススメです!
【納期】こちらの商品は全サイズ、タイプを保有してはおりません。倉庫あるいはメーカーより転送となる商品もございます。

※ 商品の納期は常時変動いたしております。お急ぎご入用の場合、お手数ですがご注文の前に一度納期をご確認ください。
【注意事項】※ 金額はタイヤ単体1本での価格です。ホイールは含まれておりません。商品は全て新品です。

● 店頭にご来店頂いての取付作業も可能です。作業工賃は別途発生します。詳しくは各店舗へと直接お問い合わせ下さい。

※掲載写真は商品イメージです。サイズ、仕様により現品と異なる場合がございます。


代表装着車種(スタッドレスタイヤ 235/55R19)
※グレード、年式により異なるサイズが装着されている場合もございます ヤトウタイヤ

ボルボ XC90(LB420)、ボルボ XC60、ジャガー E-PACE、ポルシェ マカン、メルセデスベンツ GLCクラス(X253)、ランドローバー ディスカバリー スポーツ(LC2A)、ランドローバー レンジローバー イヴォーク(LZ2/LV2)、Audi SQ5(FY/8R)、ホンダ CR-V(RT5/RT6/RW1/RW2)などの輸入車、国産車
スタッドレスタイヤ & ウィンタータイヤコーナー

こちらの商品は
1本からでも送料無料です。
※ 一部地域除く

掲載金額は
タイヤ単体1本当たりの価格
です。
※ ホィールは含まれておりません。

● 弊社店頭での交換作業をご希望のお客様へ(店頭受取)



※ タイヤ交換に関するお問い合わせは、お手数ですが直接ご来店頂ける店舗にお問い合わせください。
● 通信販売でご購入のお客様へ~「どんなところでタイヤ交換するの?」
・ お買い上げいただいたタイヤはタイヤを交換するための専門設備があるお近くのガソリンスタンド、カーショップやタイヤショップ、自動車ディーラーなどの自動車関連のお店さんでしたら交換作業が可能です。もちろん取付作業先への直送も可能です。

・ 下記の便利な楽天Carタイヤ交換サービスもご検討ください。



home>自動車>【2020年春版】個性派ぞろい!新車で購入できる輸入車のmt車紹介

TIRE WINTER ウィンターマックス SJ8+ 【個人宅配送OK】 MAXX 新品 101Q 冬タイヤ 【235/55-19】 ダンロップ SJ8 DUNLOP スタッドレスタイヤ 235/55R19 プラス スタッドレスタイヤ 【メーカー再生品】

自動車 業界ニュース コラム・特集

ev(電気自動車)やphv(プラグインハイブリッド)といった、電動車のラインアップ拡充が図られる一方で、mt(マニュアル・トランスミッション)車のラインアップは減少傾向にある輸入車。中には、日本に導入しているモデルにmt設定がないブランドもあり、新車で購入できるmt車の選択肢が限られている。

ただ、少ないながらもmt車を設定するブランドもある。そこで今回は、日本に導入されている輸入車のmt設定がある車種を紹介しよう。

TIRE WINTER ウィンターマックス SJ8+ 【個人宅配送OK】 MAXX 新品 101Q 冬タイヤ 【235/55-19】 ダンロップ SJ8 DUNLOP スタッドレスタイヤ 235/55R19 プラス スタッドレスタイヤ 【メーカー再生品】

メルセデス・ベンツ、アウディ、bmwのいわゆる“ジャーマン3”の中で、唯一国内にmt設定の車種を導入。ただ、mt設定があるのは、1シリーズや3シリーズといった量販グレードではなく、ハイパフォーマンスモデルのm2、m4のみとなっている。

・m2

現在は、m2をベースにさらに走行性能を高めた「competition(コンペティション)」のみをラインアップ。ベースモデルのエンジンは、直列6気筒3.0lターボエンジン(最高出力370ps/最大トルク465nm)だったが、コンペティションは最高出力410ps/最大トルク550nm)と大幅に強化されている。

6速mtは、シフトダウン時に自動的に回転数を上げ、スムーズなシフトチェンジを可能にするスロットルブリッピング機能を採用。また、カーボンファイバー強化樹脂(cfrp)製のフリクションライニングの採用により、軽量化を実現するとともに快適なシフト特性を実現している。

・m4

m4はクーペとハイパフォーマンスのコンペティションの両方に6速mtを設定。搭載するエンジンは直列6気筒3.0lターボエンジンだが、クーペは最高出力431ps/最大トルク550nm、コンペティションは最大出力450psまで引き上げられ、内外装に専用装備が施されている。

■ポルシェ

人気を博しているカイエン、マカンといったsuvにmt設定は無いが、「718ケイマン」、「718ボクスター」はmtが設定されている。なお、昨年フルモデルチェンジして国内で発売された新型「911」には現状mtは導入されていないが、海外ではmtも設定されている。先代911はmt設定モデルが日本に導入されていたので、今後の導入を期待したいところである。

・718ケイマン/718ボクスター

伝統的なフォルムとミッドシップレイアウト(mr)を採用する718ケイマンと、そのオープンモデルである718ボクスターは、高性能でありながら911よりも価格が手ごろであることから、ポルシェの入門モデルとしても根強い人気を持つモデルだ。
mrの2シーターである718ケイマン/ボクスターは、2.0lターボを搭載するベースモデル、2.5lターボを搭載する高性能タイプの「s」、sをベースにパワーを向上させ数多くの専用装備を採用するトップグレードの「gts」が設定されており、そのいずれにもmtが設定されている。

718ケイマン
1 2 3
tagged